ヘッダー

QandA

みなさまの「お悩み」に「そぷら」はこうお応えします。

Q.1

    自分の家を持とう!と思い始めています。まず、何から着手すればいいでしょう?

A.1

    住まいづくりに何を強く求めておられますか?貴方の「理想の住まい」はどんなイメージなのでしょうか?お洒落な外観。美しいインテリア。最新の機能性。堅牢な構造。合理的な価格・・・ 住まいに求めておられることは、人それぞれです。「そぷら」ではヒアリングファイルを用いてお客様のご要望をより具体的にし、その優先順位を明らかにするお手伝いをいたしております。

Q.2

    一目惚れして購入したダイニングテーブルがあります。
    このテーブルが一番キレイに見えるダイニングのある家を建てたいのですが・・・

A.2

    家具はもちろんのこと今お使いのあらゆる物を、ご新居に持って行く・行かない、さらにはどの様にお使いになってこられ、今後どの様にお使いになっていかれたいのか・・・?
    ご家族の“思い”を充分に聞き取り調査し、そのお気持ちと具体的な使い勝手を、立面パースで分かりやすくきめ細かくご提案いたします。

Q.3

    今住んでいるマンションは、結露がひどくて困っています。
    家族のことを考え、「健康住宅」を検討しているのですが。

A.3

    身体的・精神的・社会的に健やかであること-が健康の定義。
    人の健康を保つには、住まいが健康でなければいけません。そしてその為には地球にも、やさしい住宅が望まれます。
    今、行政もが積極的に推奨する「省エネ住宅」を知っていただくことが、「健康住宅」ご検討の第一歩になると「そぷら」は考えています。
    ショールーム等で万全の結露対策をご確認いただけます。

Q.4

    建築費用の目安を知りたいのですが・・・
    空宅ローンは、いくらまで借りられるでしょうか?

A.4

    住まいづくりにおいて、最も大切な要素の一つである資金計画。
    費用もローンも条件によって内容は全く変わってきますが、お客様にとって何が必要か、価格はどうか、それらを分かりやすくご提案し、ご納得のいく価格を提示するのが「そぷら」のシステムです。資金計画は建築費用のみでなく、ライフプランとしてトータルに考える必要があります。お客様に合わせた人生設計として一緒に考え、お手伝いさせていただきます。

Q.5

    今の住まいでは、夏も冬も、年中エアコンつけっぱなし。特に冬は、すきま風も気になり・・・
    電気代が高くつき困っています。

A.5

    たとえ間取りが気に入ってたとしても、住みにくさを感じる家は多くあります。快適性が満たされて初めて間取りの良さも発揮します。その為には、まず住まいの構造や性能を考える必要があります。
    「そぷら」がご提案する快適住宅を是非。ご納得いただけるまでご確認ください。

Q.6

    24時間換気、と言うコトバを最近よく耳にしますが、どういうことでしょうか?
    住宅の気密性と関係あるのですか?

A.6

    シックハウス問題の対策に関連して建築基準法が改正され、平成15年7月から原則的に機械換気設備の設置が義務づけられました。この、機械による計画的な強制換気を一般的に「24時間換気」と呼んでいます。これは、高気密の性能を持つ住宅において始めて有効となるもので、隙間の多い、気密性の低い構造の住宅では計画換気は望めません。すきま風の経路はコントロール出来ないので、空気のよどみができ、臭いのこもる原因にもなってしまうのです。

Q.7

    住まいの省エネってどういう意味なんでしょうか?

A.7

    まずは経済的で健康的、快適そして耐久性にも優れているという事につながります。そのための基準となるのが次世代省エネルギー基準(平成11年3月告示)であり、気密・断熱性を高めることにより効率の良い冷暖房で快適温度を実現し、光熱費をおさえ、二酸化炭素の排出を削減し地球温暖化防止に貢献するというものです。
    住宅環境の改善にもつながり、住みやすさや快適性が生まれるメリットがあります。

Q.8

    間取りやインテリアについては、何となくイメージできるのですが、構造と言われても・・・
    よく分からないのですが。

A.8

    各住宅関連会社がそれぞれ自社製品の特徴を強く訴えていますが、どれが最も優れた構造と言うものではありません。特徴の違いとご理解ください。ただ各社がどのような住宅を目指しているか?
    その為にこだわる構造とは何か?そう言った面での企業姿勢は重要ではないでしょうか?
    お客様のご納得が得られるだけの根拠、それと材質等のお好みで選択されるのが最良かと考えます。「そぷら」では、スーパーウォール工法をはじめ分かりやすい構造の解説をいたしております。
    一度、ご相談ください。

Q.9

    地震が起きた時って大丈夫ですか?

A.9

    そぷらでは木造建築の軸になる構造体にスーパーストロング構造体(以下、SS構造体)を提案しています。SS構造体とは住生活グループ(トステム・INAX)が『すべての人に、地震に負けない住宅を』のスローガンを基に長年の研究成果・技術・実績など総力を結集した構造体です。
    一定の条件をクリアーする事により万が一、地震で家が全壊した場合は建替え費用の一部を(最高2000万まで)負担します。建築後も安心で安全なお住まいを提案します。
    ※詳しい補償内容に関してはお問い合せ下さい。